【進撃の巨人】嫌いなキャラランキングワースト10



「進撃の巨人」ではここ数年人気キャラクターランキングを公式で3回ほど行なっています。

各1位は、

  • 第1回ではリヴァイ
  • 第2回ではリヴァイ
  • 第3回ではエルヴィン

と調査兵団のキャラクターが1位を獲得しています。

 

登場人物は個性的なキャラばかりで、多くが魅力的なキャラばかりですが、まれに「巨人に食べられてしまえ」と思ってしまうキャラも登場します。

そこで、本記事では嫌いなキャラクターランキングを考えてみたいと思います。

作成は、実際にアンケートなどをとったわけではなく、あくまで筆者の考察です。

ランキングの作成基準

進撃の巨人の本編を読んできて、

  • 自由を奪おうとするキャラクター
  • 性格の悪い・ムカつくキャラクター

などを基準にして、嫌いなキャラクターを列挙し作成しました。

そして、検索結果などの意見も考慮しました。

進撃の巨人の嫌いなキャラクターランキング

 

10位 ミカサ

人気キャラクターランキングでは常に10位以内に入るミカサ。

リヴァイに続く実力者として描かれています。

そんな人気を誇る一方で、幼馴染のエレンに対して執拗なほどの執着が嫌われる原因になっています。

また、エレン以外にはあまり良い態度をしない・笑わない・怖いなど感想で書かれることもあり、10位とさせていただきました。

確かにエレンに対してはすごく執着しているように見えるシーンもありますね。

 

9位 ペトラ

人気キャラクターランキングで1・2位を占領しているリヴァイ。

調査兵団の中でも非常に強力な部隊である調査兵団特別作戦班=リヴァイ班の一員として活躍していたペトラ。

リヴァイ班については「【進撃の巨人】リヴァイ班メンバー一覧」にまとめています。

作中ではリヴァイとの仲の良い感じが描かれています。

リヴァイの人気もあって、リヴァイと仲良くする姿を見せるペトラがウザいと掲示板などに書かれることもあり、9位とさせていただきました。

人気キャラクターと仲が良いのも嫌われる原因になるんですね。

 

8位 ダズ

エレンと同じ104期訓令兵団の卒業生。

他の104期生は「【進撃の巨人】最低限ここは押さえよう!104期のキャラ一覧!」にまとめています。

トロスト区攻防戦では、巨人と対峙したことによる恐怖から自決しようとするも止められ、恐怖のあまりに上官から注意を受けるシーンもありました。

この後、家族のために戦うことを決意しますが、一連の恐怖している姿を見せたことから、嫌いという感想を書いている意見があったので8位にしました。

 

7位 キッツ

初めて巨人化したエレンを人類を脅かす敵として反逆者としてアルミン・ミカサとともに処刑を仕掛けました。

ピクシス司令から「図体がでかい割りに小鹿のように繊細な男」と言われたことにより、小鹿と呼ばれています。

エレンを処刑しかけた柔軟な対応のできないキャラクターだったので、7位にしました。

 

6位 フロック

ウォールマリア奪還作戦では、エレンと同じ104期訓令兵でこの時に調査兵団へ入団した仲間の一人。

獣の巨人の圧倒的強さに戦意喪失し、調査兵団に入ったことを後悔してしまいます。

そして、エルヴィンとともに囮作戦に出るも落馬し、新兵で唯一の生き残りとなりました。

エルヴィンを救出し、リヴァイたちの元へ届けた際には「アルミンとエルヴィンのどちらを行きさせるか」の議論に参加。

エレン・ミカサとは違いエルヴィンを支持したものの、その理由が死んでいった人間達の罪悪感を被せながら巨人と戦わせるという彼への報復だったため、このシーンを見て嫌いになった人も多いという理由で6位としました。

 

5位 ベルトルト

エレンと同じ104期訓練兵団の卒業生で、長身で成績は同期内で3位と優秀でした。

ライナーと共にエレンたちを裏切っていたことや気弱な性格が嫌われる原因となっています。

敵でも好きという意見も見られましたが、あれほど仲の良かったキャラクターで、巨人たちにも恐怖していた姿から裏切っているとわかった時にはまさかという感じでした。

 

4位 アニ

ライナー・ベルトルトと同じく、エレンたちを裏切っていた人物の一人。

104期訓令兵団では4位と実力者で、調査兵団には入らず憲兵団へと入団しています。

女型の巨人で第57回壁外調査ではリヴァイ班のメンバーを殺害するなど、多くの被害を与えました。

裏切りをしたこと・たくさんの被害を出したことから4位とさせていただきました。

 

3位 ライナー

104期訓練兵団では2位で卒業した実力者で、調査兵団に入団しています。

冷静かつ責任感の強いキャラクターで、他のキャラクターからの信頼も厚く、リーダー的存在でした。

しかし、正体はアニ・ベルトルトと共に裏切っていた一人。

ウォールマリアを陥落させた原因を作った鎧の巨人で、大勢の人間を死に追いやった罪悪感から逃れるために本当に壁内で生活してきた兵士として現実逃避をしています。

ベルトルトと共に裏切りがわかった時はまさかと思いました。

信頼からの裏切りによる人気の低下で、3位とさせていただきました。

 

2位 ガビ

エルディア人でライナーの従妹。

マーレの戦士候補として訓練しています。

女版エレンとあらわされることもあるキャラクターで、エレンたちパラディ島の人類を「一人残らず駆逐されるべき」と激しい憎悪を向けています。

この感じが敵として良い評価を得られず、ウザイと言われていることも多いので2位としました。

また、人気キャラクターであるサシャを殺したことからも嫌いと言われています。

 

1位 グロス曹長

マーレ治安当局の男としてエレンの父グリシャの回想で登場しています。

壁外に無垢の巨人を誕生させていた人物で、グリシャ・グリシャの妻ダイナ・エルディア復権派のグライスを楽園送りにした際には、ダイナを巨人化させ、その獲物としてグライスを生身のまま壁内に落とすなどしています。

残虐行為が非常に印象に残るキャラクターで、嫌いという声が1番多く見受けられたので1位としました。

まとめ

進撃の巨人での嫌いなキャラクターをランキング形式で紹介してきました。

筆者個人の意見とネット上にある様々な意見を反映しながら作成させてもいましたが、いかがでしたでしょうか。

殺害・裏切りなどのシーンが印象的な漫画なだけに好き嫌いがわかれるキャラクターも多いのが印象でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です