【進撃の巨人】九つの巨人最後の一体の正体が戦槌の巨人だと明らかに



物語も終盤に差し掛かった95話目で、九つの巨人最後の一体が明らかになりましたね。

その名も「戦槌の巨人(せんついのきょじん)」。

その能力はまだ明らかになっていないので、どんな能力を持っているのか、これからの物語にどんな影響あるのか、考察していきます。

「戦槌の巨人」所有者はタイバー家!

九つの巨人の最後の一体「戦槌の巨人」を持っていたのは、タイバー家でした。

95話にして突如登場したタイバー家は、どんな一族か分かりやすくまとめると、

  • 100年前の「巨人大戦」で、フリッツ王に最初の反旗を上げた貴族
  • 他国に巨人の力を使ったことがないため、外国に顔が効く
  • マーレから広い土地と屋敷を与えられて豊かな暮らしをしてる
  • 現在は名誉マーレ人として、政治や戦争に中立の立場

 

タイバー家が、今後の物語の要になると言えるでしょうし、継承してる「戦槌の巨人」が戦いの流れを変えるかもしれませんね。

戦槌の巨人とは?

聞きなれない「戦槌」という言葉が入った最後の一体ですが、その由来や能力はどんなものなんでしょうか?

 

戦槌の巨人の由来は?

まず、巨人の名前にもなっている「戦槌(せんつい)」とはハンマーの武器を指し示しており、中世ヨーロッパでは、その威力で鎧やカブトでさえ貫通する武器として重宝されてきました。

そして、進撃の巨人はノルウェーなど北欧に古くから伝わる北欧神話がネタ元と言われてます。

その北欧神話の中で、戦槌を使う唯一の神といえば、最強の戦いの神・トールが思い浮かびます。

 

トールは、進撃の巨人のように、神々の敵である巨人と対決する姿が描かれており、ミョルニル(トールハンマー)という戦槌を使った一撃で、敵を一掃してました。

その一撃で倒せなかった敵も毒蛇・ヨルムガンドだけと言い伝えられているので、最強の戦いの神として実力は相当なものだったでしょう。

そのトールをイメージした巨人が戦槌の巨人なら、物語の流れを大きく変えていくかもしれませんね。

 

戦槌の巨人の能力とは一体?

今まで出てきた巨人の中でただ1人、武器の名前「戦槌」が入った戦槌の巨人。

物語の終盤あたりで登場させた作者の意図としては、戦局をガラッと変えたい気持ちがあるのかもしれません。

 

今までの巨人がゴミくずに!?

能力が、まだ判明してない戦槌の巨人ですが、登場したことで力関係が一気に変わるかもしれません。

その理由として、今まで登場した知性の巨人たちは、肉弾戦メインで戦ってきたからです。

 

ここで、今まで登場した知性の巨人の戦い方を確認しましょう。

  • 超大型の巨人 体から発する熱波で周囲を焼き尽くしたり、巨体を生かした攻撃を得意としてます。
  • 車力の巨人 ケタ外れの持続力が強みで、武装してサポート役としての活躍がメイン。
  • 獣の巨人 岩を投げつける攻撃が得意で、遠距離攻撃で右にでる者はいないでしょう。
  • 顎の巨人 小振りの体格のため一番素早く、強力な顎と爪で大抵の物は砕けます。
  • 鎧の巨人 硬質化に特化した巨人で、体当たり攻撃も強力です。
  • 女型の巨人 高い機動力と持続力、そして硬質化を使った打撃技が得意です。

 

紹介したように、獣の巨人を除いて打撃系に特化した巨人がほとんどだと言えます。

映画とかでも肉弾戦のキャラより武器を使うキャラが強いように、戦槌の巨人に他の巨人が太刀打ちできない可能性もありえます。

最初で触れたように、ハンマーは鎧やカブトでさえも貫通するので、硬質化は無効になるかもしれません。

 

戦槌はどうやって作るのか?

今まで登場した巨人たちは、武器などを持っていないので、武装したり、自身の体を変化させたりなど工夫して戦っていました。

しかし、戦槌(ハンマー)は、どうやって作り出すんでしょうか?

 

現在予想されてる戦槌の作り方をまとめると、

  • 巨大な武器が準備されている
  • 巨人自身の体を硬質化してハンマーに

この2つが考えられています。

 

1つ目の「巨大な武器が準備されてる」ですが、わざわざ戦槌の巨人の元まで持っていくのは簡単じゃなさそうです。

さらに、武器が準備されてれば、他の巨人が奪って使う可能性もありえそうです。

あまり現実的じゃないでしょうね。

 

2つ目の「自身の体を硬質化でハンマーにする」ことは一見、理にかなってるようですが、硬質化してる相手と戦ったら跳ね返されてしまいそうです。

さらに、腕を硬質化してハンマーにしたら、動きが制限されるかもしれません。

もしかしたら、頭がハンマーになってる「ハンマーヘッドシャーク」みたく、頭をハンマーにするのかもしれませんね。

 

少なくとも名前に「戦槌」が付いてるので、武器を使うことはほぼ99%確定的だと言えるでしょう。

戦槌の巨人の今後の活躍は?

95話で登場した戦槌の巨人は、1年以内に、始祖の巨人奪還作戦に加わると言われています。

そのため、進撃の巨人のエレンやアルミン達と戦争になるでしょう。

恐らく、戦槌の巨人の実力は、始祖の巨人奪還作戦でベールがはがされていくんでしょうね。

まとめ

今回は、進撃の巨人に新たに現れた「戦槌の巨人」について調べてきました。

内容をまとめると、

  • 戦槌の巨人は他の巨人より強い可能性が高い
  • 名前の通り、ハンマーの武器を使って闘うことが予想できる

この2つにまとめることができます。

果たして、戦槌の巨人はどんな巨人なのか、物語にどう関わってくるのか、今後の展開に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です