【進撃の巨人】レイス家(フリッツ家)の家系図を一覧形式でまとめる



進撃の巨人で巨人の能力を代々継承している存在として描かれているのが『レイス家』です。

進撃の巨人の物語を語る上で、レイス家について知っておくことは非常に重要です。

そんなレイス家について、登場している人物とともに家系図を一覧形式でまとめました。

レイス家とは

ユミル・フリッツが始祖となる王族です。

エルディア人の王族で、壁の中で最高権力を持つ一族です。

もとはフリッツ家として代々継承をしていたが、パラディ島の移住に伴い、壁内では『レイス』と名乗ったことからその後はレイス家として代々継承するようになりました。

フリッツ家・レイス家は代々『始祖の巨人』を継承してきています。

レイス家家系図

本編で現在わかっているフリッツ家・レイス家は、

  • ユミル・フリッツ
  • カール・フリッツ
  • ウーリ・レイス
  • ロッド・レイス
  • フリーダ・レイス
  • ウルクリン・レイス
  • ディルク・レイス
  • エーベル・レイス
  • フロリアン・レイス
  • ヒストリア・レイス
  • ダイナ・フリッツ
  • ジーク・イェーガー

です。

 

関係性・家系図を簡単にまとめました。

レイス家家系図

 

各キャラクターについて詳しくみていきましょう。

 

ユミル・フリッツ

大地の悪魔と契約し、始祖の巨人の力を手にした人物です。

始祖の巨人の力をつかい、エルディア国を発展させるも巨人の能力をもつ代償として、力を手にしてから13年で死亡しています。

その後、始祖の巨人の力は九つの巨人に継承されています。

 

カール・フリッツ

始祖の巨人を継承した145代目のフリッツ王。

3つの壁ウォール・マリア、ウォール・ローゼ、ウォール・シーナを作った人物で、エルディア人とともにパラディ島の壁の中に閉じこもりました。

戦うことを放棄し、

  • 「壁の中に一時の平和を築き上げる」
  • 「再び壁外に関心をもたないように」
  • 「壁外の人類は全滅した」

と壁内にいる人類の記憶をすり替えています。

この代から、フリッツ家からレイス家に名前を移しています。

また、始祖の巨人と『不戦の契り』を交わしたため、能力の継承者たちはこの記憶の継承の元、始祖の巨人の力をつかうことができなくなりました。

 

ウーリ・レイス

ロッド・レイスの兄で、始祖の巨人の能力を引き継いだ存在。

ケニー・アッカーマンの襲撃を始祖の巨人の力で交わし、中央憲兵団への入団まで引き込んだ人物です。

ロッド・レイスの娘フリーダ・レイスに始祖の巨人を継承して死亡しています。

 

ロッド・レイス

ヒストリアの父で、ウーリ・レイスの弟。

作中当初に登場していた王は仮の存在で、裏で操っていた影の最高権力者でした。

妻との間に5人の子供がいて、

  • フリーダ・レイス
  • ウルクリン・レイス
  • ディルク・レイス
  • エーベル・レイス
  • フロリアン・レイス

使用人との間にヒストリアがいました。

5人の子供たちの死後、ヒストリアにエレンを捕食させ、始祖の巨人を継承させようとするも失敗します。

その後、巨人化薬を自ら摂取して超大型巨人をも超える巨人に変身するも調査兵団ヒストリアに殺されています。

 

フリーダ・レイス

https://twitter.com/Kasumi_LoveU/status/959078919818305536

ロッド・レイスの娘で、ウーリ・レイスから始祖の巨人の能力を継承した存在。

グリシャによる襲撃によって始祖の巨人の能力ごと奪われ死亡しています。

 

ウルクリン・レイス

ロッド・レイスの子供の一人。

グリシャの襲撃によって死亡しています。

 

ディルク・レイス

ロッド・レイスの子供の一人。

グリシャの襲撃によって死亡しています。

 

エーベル・レイス

ロッド・レイスの子供の一人。

グリシャの襲撃によって死亡しています。

 

フロリアン・レイス

ロッド・レイスの子供の一人。

グリシャの襲撃によって死亡しています。

 

ヒストリア・レイス

ロッド・レイスとその使用人との間にできた娘で、作中の当初はクリスタ・レンズとして登場しています。

エレンと同じ104期訓令兵で、10位で卒業。

その後調査兵団に入団しています。

王政の疑念と裏で王政を操っていたロッド・レイスの死により、女王に即位しています。

 

ダイナ・フリッツ

エレンの父グリシャの前嫁で、カール・フリッツが大陸を離れるときに従わず、壁外に残ったフリッツ家の末裔です。

代々巨人の秘密を継承していたが、ダイナの代でグリシャがいたエルディア復権活動のメンバーに加入し、グリシャと出会っています。

その後グリシャと結ばれ、ジークを出産。

息子のジークをマーレの戦士として育てるも裏切られ、パラディ島に島送りにされ、無垢の巨人へと変えられてしまいます。

この巨人化したダイナがエレンの母カルラを捕食し、エレンの巨人への恨みを植えつける存在となります。

ライナー・ベルトルトとの戦いの際に、エレンが巨人化のダイナに触れたことで「座標」という巨人を操れる能力を発動させ、エレンにより動かされた巨人たちに襲われ死亡しています。

ダイナ・フリッツの正体には関しては「【進撃の巨人】カルライーターの正体まとめ」にまとめているので、そちらもご覧ください。

 

ジーク・イェーガー

https://twitter.com/ETSU_Titan/status/892390573130133507

エレンの父グリシャとダイナ・フリッツの息子。

マーレの戦士になるよう教育を受けるも両親を密告しパラディ島送りにしています。

その後はなぜかマーレの戦士として、「獣の巨人」の能力を継承し、始祖の巨人奪還計画ではエレンたちを追い詰めています。

ジークについての詳細は「【進撃の巨人】獣の巨人の正体であるジーク戦士長って誰という人のために改めて情報をまとめてみた!」にまとめているので、そちらもご覧になってください。

まとめ

フリッツ家・レイス家の登場したキャラクターを家系図とともに一覧形式でまとめました。

レイス家として女王として存在するヒストリアと始祖の巨人・進撃の巨人の能力をもつエレンとどう関わっていくのか。

ジークとエレンがどう関わっていくのか。

今後も注目していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です