【進撃の巨人】リヴァイの過去をまとめる



進撃の巨人では、主要メンバーにリヴァイ兵士長がいます。

人類最強の兵士として隊員からは絶大な指示を集め、俊敏で類稀なる運動能力を持っていますが、風貌は小柄で目つきが悪く、口も悪い、潔癖症の持ち主です。

物語が進むにつれてそんな彼の生い立ちや本名が明らかになったので、まとめていきます。

リヴァイとはどんな人物?

人類最強の兵士で1人で一個旅団並みの戦力があると言われる、調査兵団兵士長で、みんなからはリヴァイ兵長と呼ばれています。

俊敏で高い戦闘技術を有しており、巨人討伐を難なくこなす調査兵団の絶対的実力者です。

 

目つきが悪く、口が悪く、風貌は小柄で、小柄なことを指摘されても怒ることはないが、実は気にしていそうな姿も見られます。

神経質で潔癖症で、リヴァイ班に配属されると完璧な掃除が求められほどです。

 

性格に関しては、仲間想いの一面もあります。

立場上、命令をするシーンも見られますが、仲間の意見・選択も尊重しています。

調査兵団として多くの敗戦と仲間の戦死を経験しているためか、選択の結果が死につながることもあるので、悔いの残らない選択を自分でさせるシーンが見られます。

リヴァイの生い立ちと本名

リヴァイ班の一人、ペトラによると、リヴァイは調査兵団に入る前は、都の地下街で有名なゴロツキだったようで、エルヴィンの下に入る形で調査兵団に入ったようだと語っていましたが、詳しい過去については知らないようでした。

中央憲兵団と調査兵団が衝突した際に、ケニー・アッカーマンの登場とともにリヴァイの過去も明らかになりました。

 

ケニーの妹であるクシェルは地下街で娼婦をしていて、その客との間にできた子供がリヴァイでした。

クシェルは病にかかり、商売ができなくなったため、生活に困り、そのままクシェルは死亡、幼いリヴァイもそのまま餓死するところでしたが、クシェルを訪ねてきたケニーに育てられました。

ケニーと一緒に暮らしながら、一人で地下街を生きていけるよう生き方を選べるようにナイフの握り方と振り方、挨拶の仕方、身の振り方、ご近所付き合いなどをケニーから学び育ちました。


性はアッカーマンと判明

リヴァイはケニーに育てられたものの、母のことや自分の性に関しては知らずに育ってきました。

リヴァイにとってケニーは用心深く、肝心なことは話さない人物と言っていて、自身の過去と共にケニーがどんな存在かもそれほど知らない様子でした。

 

それがケニーの死の際にいろいろ語られ、性はアッカーマンだと判明しました。

アッカーマン一族は壁外の記憶が消せないことが判明し、恐れられほぼ殲滅させられた一族であるため、迫害を避けるためかケニーもリヴァイにアッカーマンであることを教えていませんでした。

ミカサと同様のアッカーマンの一族だったのです。

それと共にケニーが母クシェルの兄であったことなどが語られました。

エルヴィンとの出会いを経て調査兵団への入団

エルヴィンと出会い、調査兵団に入団するまでの話は、本編では語られていません。

別巻で発売されている「悔いなき選択」で語られているので解説していきます。

 

リヴァイは都の地下街で窃盗団をしていて、仲間にファーランとイザベルという仲間がいました。

そんな中、エルヴィンとミケらに捕縛されてしまいます。

エルヴィンはリヴァイの才能を見抜き、調査兵団に入れば罪は不問にすると取引をもちかけます。

リヴァイたちは取引に応じて調査兵団に入団します。

 

調査兵団へ入団後は、隙あらばエルヴィンを殺そうと企み、ある時、貴族からエルヴィンの持つ資料を盗むよう依頼を受けます。

しかし、資料を盗む機会がなかなか訪れず、エルヴィンの殺害と共に資料の奪還を試みることに決め、単身で向かいました。

そこに調査兵団に接近していた巨人により、仲間であったファーランとイザベラは捕食されてしまいます。

 

自分の行動の選択により仲間を死なせてしまったと逆上するリヴァイに「仲間を殺したのは巨人だ」と反論し、「調査兵団で戦え。おまえの能力は人類に必要だ。」とリヴァイに告げました。

仲間を失い絶望したリヴァイに新たな道を示したエルヴィン。

このようにしてリヴァイは調査兵団に入団し、巨人討伐のために動くことになりました。

まとめ

物語の当初はわからなかったリヴァイの過去ですが、このような生い立ちから、「躾に一番効くのは痛み」「壁の中は常にドブの臭いがする空気で満たされている、生まれた時からずっと臭い空気を吸っていたからそれが普通だと思っていたが、壁の外で吸った空気は違った、地獄のような世界だが壁の中にはない自由があり、そこで初めて自分が何を知らないかを知ることができた」と過去のセリフが発せられたのだと理解できます。

絶対的実力者として、エルヴィンがいなくなった調査兵団でどのように活躍していくのか今後の活躍にも期待が集まります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です