【東京喰種:re】Vの目的とは!?メンバーをまとめてみた!



今回は、東京喰種:reに登場する謎の組織「V(ヴィー)」の目的やメンバーに迫っていきます!

Vとは、確実に東京喰種:reの重要な組織であることは間違いないですが、その素性とは一体!?

謎の組織Vとは!?

過去には、喫茶あんていくの店長芳村も所属していた組織で、喰種と人間を合わせた半人間か、喰種で構成されています。

Vは目的も構成員も不明ですが、エトはVのことを、

「 “法の王” ”混沌の調整者” …呼び方は何でもいいが 玉座であぐらをかく独りよがりの籠の主」

「この世界を自らの所有物だと勘違いしている連中」

と評しており、影響力がとても強い組織であることが伺えました。

 

Vのメンバーとは?

物語上では公表されていない半人間と喰種で構成されたVのメンバーを紹介しています。

 

芥子(かいこ)

Vの幹部クラスの存在である芥子。

常に帽子をかぶり、何かを噛んでいる様子が特徴的です。

謎も多く、喰種か人間かどうかもわかりませんが、エトの引き渡しを芳村に強く迫ってました。

 

元メンバー 芳村功善

現在は喫茶あんていくの店主ですが、元々は始末役としてVに若い頃から雇われてました。

Vに現役だった頃は、下の名前の「功善」で呼ばれてたようです。

喫茶店で働いていた憂那と親密になった功善は「けじめをつけろ」とVから言われて、自らの手で憂那を亡き者へしてます。

 

有馬貴将

CCGの特等捜査官ですが、Vの構成員であることが61話で判明。

芥子から指示を受けて、鯱の抹殺を依頼されてました。

 

旧多二福(和修吉福)

CCGの局長であり、Vの構成員であることが61話で判明。

芥子から指示を受けて、エト、佐々木の監視を頼まれてます。

 

元メンバー 神代利世

和修家の産み子で、Vに所属してましたが、脱走してます。

Vは隻眼の喰種を追っている!?

どんな目的をもっているのか不明のVですが、芳村にエトを引き渡すよう迫っていることが判明してます。

また、カネキを追っていることも判明しました。

エトとカネキ、2人に共通することは「隻眼の喰種」であること。

 

なぜ隻眼の喰種を追っているのか理由は謎ですが、アオギリの樹のリーダーである隻眼の王が絡んでる可能性もあります。

Vの正体は和修家だった!

東京喰種:reの101話で、旧多の口から和修家の真相について語るシーンがあります。

その時に語られた内容を抜粋すると、

「和修家にはいくつかの分家があり、その中に様々な役割の人々が」

「『タネ役』や『母胎役』、裏から根回しする僕や有馬貴将のような『雑用係』これらがみーんな『V』と呼ばれております」

つまり、謎に包まれたVとは和修家だということが判明しました!

 

和修家といえば、CCGを創設して代々CCGのトップを歴任してきた由緒ある家系。

V=和修家と捉えることで、Vの真の目的が明らかになるかもしれません。

Vの真の目的とは?

喰種たちの解放を目的にしてる組織・アオギリの樹がありますが、そのアオギリの樹についてVの幹部・芥子が気になることを言ってました。

「アオギリの樹が長年の均衡を壊そうとしている」

表面的には喰種間の派閥争いにも見えますが、実は隠された意味がありそうです。

その隠された意味とは、CCGと喰種たちの均衡です。

 

明治時代から喰種の駆逐を担ってきたCCGですが、喰種がいなくなれば解散の危機もあるでしょう。

そのため、和修家の影響力を保つために、Vとして暗躍し、邪魔な喰種を駆逐しつつ、喰種の数を保とうとしてるのかもしれません。

元々は喰種退治を目的にした和修家でしたが、いつの間にか影響力保持するために、裏の顔をVにして暗躍したた可能性が高いといえます。

まとめ

今回は、謎の組織Vとは何か、そのメンバー、正体に迫ってきました。

物語が進むにつれて、Vの表の顔である和修家の目的も明らかになってきてます。

今後、Vとはどんな影響をストーリーに与えてくるんでしょうか、今後の展開が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です