【東京喰種:re】CCG特等捜査官一覧

東京喰種:reに登場する特等捜査官たち。

数えてみたら、15名も存在しており、誰が生きてるか死んでるか分かりづらいので、今回は特等捜査官を一覧で紹介してみることにしました。

スポンサーリンク

今さら聞けない喰種捜査官とは?

喰種対策局(CCG)が喰種を駆逐するために編成した特殊隊員が喰種捜査官です。

喰種を駆逐する時は、クインケと呼ばれる喰種の臓器を使った武器を使用し、圧倒的な力を持つ喰種をねじ伏せます。

 

喰種捜査官の階級

喰種捜査官が喰種を駆逐する際は、上位捜査官と下位捜査官がチームになって行動するのが原則。

  • 上位捜査官 特等捜査官、准特等捜査官、上等捜査官
  • 下位捜査官 一等捜査官、二等捜査官、三等捜査官

なお、捜査官の中で一番階級が高いのが、特等捜査官になります。

 

特等捜査官だけの勲章

実は、特定のレートの喰種を駆逐できた特等捜査官だけに贈られる「白翼賞」が存在します。

白翼賞は、CCGの特徴とも言えるハトの翼をモチーフにした勲章です。

  • 白単翼賞(はくたんよくしょう)
    条件 Sレート喰種を駆逐
  • 白双翼賞(はくそうよくしょう)
    条件 SSレート喰種を駆逐
  • 白龍翼賞(はくりゅうよくしょう)
    条件 SSSレート喰種を駆逐

 

また、CCGに多大な貢献をした捜査官には、CCG総議長から「龍吉賞」が授与されることになっており、捜査官にとって一番名誉な勲章になってます。

スポンサーリンク

特等捜査官一覧

続いて、特等捜査官を紹介していきます。

担当区域、使用クインケ、主な活動、死亡したかどうか、などについてまとめてます。

 

有馬貴将(ありまきしょう)

  • 死亡
  • 1区・24区担当
  • 使用クインケ IXA、ナルカミ、ユキムラ1/3、フクロウ

アオギリの樹のリーダー「隻眼の王」で、半喰種の宿命である急激な老化によって白髪、右目の失明などありました。

コクリア防衛時に、カネキに追い詰められて死を悟りますが、カネキに殺す気持ちがないことが分かると自害しました。

 

篠原幸紀(しのはらゆきのり)

  • 意識不明(植物状態)
  • 20区担当
  • 使用クインケ オニヤマダ、アラタ

ジューゾーのパートナーで、彼に人間性と精神的成長を引き起こすキッカケになった重要人物。

「√A」での梟討伐作戦で、隻眼の梟の攻撃からジューゾーをかばって重傷を負ったことで、意識不明になりました。

 

黒磐巌(くろいわいわお)

  • 健在(左腕欠損)
  • 13区担当
  • 使用クインケ クロイワSpecial、アラタ

黒磐武臣の父親で、隻眼の梟と2回も交戦したベテラン捜査官。

梟討伐作戦で隊長として前線で活躍し、芳村に傷を負わせますが、その代償として左腕の欠損を負います。

 

田中丸望元(たなかまるもうがん)

  • 健在
  • 2区担当
  • 使用クインケ ハイアーマインド(高次元精神領域)、エンジェルビート(天使の羽ばたき)

「ンン・・・ボーイ」が口癖の中年で、闘いをコメディと思っており、時々クインケの名前を叫んだりする個性派。

流島上陸作戦時には本土防衛に参加しており、脱出を試みたトーカを行動不能にし、ヨモとカネキに重傷を負わせてます。

 

丸手斎(まるでいつき)

  • 行方不明
  • 対策Ⅱ課所属
  • 使用クインケ 不明(射撃の腕前はプロ級だと判明してる)

イヤミな性格で他人を見下したりする一方、自身が率いた班で死亡者を出したり、23区の喰種収容所の襲撃を予測できなかったなど、実績は良くない。

流島上陸作戦では、和修家が喰種であることを確かめるために、吉時にQパレットの銃弾を放ち、喰種になった吉時に襲われて海に転落し、その後、岸に上がりますが姿を消しました。

 

鈴屋什造(すずやじゅうぞう)

  • 健在(右足欠損)
  • 20区担当
  • 使用クインケ サソリ1/56、13’sジェイソン

ビックマダムによってタマタマを潰されて、中性的な見た目を保つ捜査官で、その腕前は白双翼賞を受賞するほどの敏腕。

13区の閉鎖に成功した天才で、元々は残忍な性格でしたが相方だった篠原の影響で人望が厚い人間に成長を遂げました。

 

法寺項介(ほうじこうすけ)

  • 死亡
  • 20区担当
  • 使用クインケ ホロウ、赤舌(チーシャ)

中国の「赤舌連(チーシャリェン)」の解体、ピエロマスク掃討作戦などで功績を上げ、梟討伐作戦では芳村を追い詰めた実力派。

流島上陸作戦に隊長として参戦し、宿敵のタタラを元部下で喰種のタキザワの介入によって殺害に成功しますが、その後にタキザワの殺害を決意したことに逆上したタキザワによって殺されました。

 

宇井郡(ういこおり)

  • 健在
  • 4区担当
  • 使用クインケ タルヒ、アジテ

中性的な見た目と、勤勉かつ真っ直ぐな性格で融通がきかないのがたまにキズ。

流島上陸作戦では三番隊隊長として参戦し、月山家殲滅作戦で失った部下ハイルの仇である月山と交戦しますが、討つことができませんでした。

 

和修政(わしゅうまつり)

  • 健在(情緒不安定)
  • 対策Ⅱ課所属
  • 使用クインケ 不明

和修常吉の孫で、オークション編でビックマダムなど多数の喰種の駆逐で特別功労者に認定されたエリート。

流島上陸作戦では、和修家の正体(喰種)を知った丸手が父である吉時を殺したことに悲しみ、丸手の殺害を決意しますが、和修家をフルタに継がせるという常吉の遺言から立ち直れず、情緒不安定になってます。

 

安浦清子(あうらきよこ)

  • 療養中(両足損失)
  • 1区担当
  • 使用クインケ 是昆図

女性初の特等捜査官で、真戸呉緒の亡き妻と同期だったことから、優秀さを称えられることが多いです。

コクリア襲撃時に、田中丸と一緒にトーカなどと交戦しますが、その時に現れた0番隊とカネキによって両足を失いました。

 

灰崎深目(はいさきしんめ)

  • 死亡
  • コクリア監獄長・対策Ⅱ課所属
  • 使用クインケ 不明

アオギリの樹のコクリア襲撃による前任者(御坂)の失態によって、副監獄長から昇進した身で、過去にはコクリア尋問官を務めた経歴があります。

コクリア防衛戦で全看守の指揮をとりましたが、独房から脱走したドナートによって首をもぎ取られ、死亡しました。

 

御坂矜持(みさかきょうじ)

  • 死亡
  • 元コクリア監獄長
  • 使用クインケ 不明

コクリアの元監獄長で、灰崎の前任者でした。

アオギリの樹がコクリア襲撃した時にタタラと交戦し、クインケで何とか拘束しましたが、油断した時に不意打ちを受けて殺害されました。

 

伊庭藤重(いばふじしげ)

  • 引退
  • 担当不明
  • 使用クインケ 尾赫のクインケ

亡くなった真戸や篠原、黒磐の元上司で、過去の梟戦で利き腕を切断されたため引退を決意。

20区の梟討伐作戦集結後には、植物状態の篠原を見舞い、その時に篠原と真戸を「上司不孝」と評しました。

 

亜門鋼太朗(あもんこうたろう)

  • 健在(半喰種)
  • 20区担当
  • 使用クインケ ドウジマ1/2、クラ、ドウジマ・改、アラタ弐(proto)

物語の進行役(狂言回し)を務める人物で、ドナートの孤児院の唯一の生き残りという異色の経歴をもち、真戸の最後のパートナーでもあります。

隻眼の梟討伐作戦で消息不明と言われてましたが、芳村をベースにした半喰種化の実験体になった模様で、右目に赫眼が出現してます。

 

瓜江幹人(うりえみきと)

  • 死亡
  • 元S3班の班長
  • 使用クインケ 不明

瓜江久生の父親で、黒磐の所属してたS3班の班長として、単独で隻眼の梟と交戦した結果、殉職。

瓜江が出世欲にあふれてるのは、この父親の影響が大きいと言われてます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、東京喰種:reに登場する特等捜査官の全15名をまとめました。

それぞれの捜査官が、様々な最期をとげて、CCGも壊滅間際とも言われてますが、果たして今後はどのような体制になっていくんでしょうか。

これからの物語の流れにも注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です