【ワンピース】CP0のメンバーや目的をまとめてみた



ワンピースに登場する諜報機関のCP0(サイファーポール”イージス”ゼロ)。

CP0は、一体何のために存在するのか、その目的やメンバーについてまとめてみました。

世界最強の諜報機関CP0

CP0は、世界政府を作り上げた20人の王たちの末裔(まつえい)である天竜人(世界貴族)直属の組織。

その任務の内容は、闇の交易や興行(大道芸などの芸能)によって得られたカネや武器の管理、天竜人への上納金である天上金輸送の護衛など、天竜人の繁栄を維持することがメインです。

CP0のやる任務は全て、法律を破って行われる超法規的措置となっており、五老星や海軍ですらも把握できない行為ばかりです。

 

CP0がどんな存在なのか、ロビンに言わせると「彼らが動く時に良いことなんて起こらない」、サカズキは「天竜人のあやつり人形」などと皮肉るような、闇の組織です。

白いスーツと不気味なマスクがトレードマークで、正体は不明と言われてます。

CP0のメンバーがついに判明!

メンバーの身元は不明と言われたCP0でしたが、801話でついに全員の身元が割れました。

 

ルフィの宿敵のアイツ

CP0のリーダー的存在として判明したのは、ルフィの宿敵と言われたアイツ。

 

独特なヒゲの形、肩に乗ったネクタイを締めたハトがトレードマークのキャラといえば、もうお分かりだと思います。

 

エニエスロビーでルフィと死闘を繰り広げたロブ・ルッチ

元々は、殺しメインの組織CP9の諜報部員でしたが、新世界編でCP0のメンバーになりました。

動物系悪魔の実「ネコネコの実モデル”豹(レオパルド)”」の能力者で、CP9当時は道力値4000を誇る実力者でした。

 

独特な喋り方が特徴のアイツ

ロブ・ルッチに続いて明らかになったのは、801話でルッチとデンデン虫で会話してたアイツ。

 

まるで老人のような独特な喋り方といえば、すでにお分かりだと思います。

 

元CP9メンバーで、エニエスロビーで決戦前に悪魔の実を食べて能力者になったカクです。

道力は2200で、動物系悪魔の実「ウシウシの実モデル”麒麟(ジラフ)”」の能力を持っており、長い首に太くなった長い鼻が特徴。

そのコミカルな見た目と挙動で、ジャブラやウソップ、そして視聴者の失笑を買いました。

 

親の七光でのし上がった小悪党

続いて紹介するのは、親のコネで悪魔の実を手に入れたりした小物臭ただよう悪党。

 

元CP9司令長官で、現在はリーダーとして活躍してるスパンダムです。

元々はルッチの上司的存在でしたが、父が病床に伏せたことで立場が逆転し、今ではルッチの部下に成り下がりました。

ちなみに、顔にSMマスクのような仮面を付けてますが、これは司法船襲撃の時にフランキーに猟銃で顔面を殴られたことが原因です。

 

歓楽街の女王

ワンピースの中で「歓楽街の女王」と言えば、もうお分かりですよね?

 

ビックマムのお茶会に招かれた闇の帝王であるステューシー

お茶会に参加した目的は、魚人島の国宝「玉手箱」をいただくことでしたね。

また、CP0として活動をしてる時に、みなし子売りのマザーカルメルと取引してる様子があったので、歓楽街の女王という肩書からも、歓楽街とも関係があるのかもしれません。

まとめ

今回は、ワンピースの中でも最強の諜報機関と言われるCP0についてまとめてきました。

諜報機関というと、007でお馴染みMI6やアメリカのCIAといった、どちらかと言うと正義の味方のようなイメージが強いですが、ワンピースの諜報機関は、完全なる悪と言っても過言ではないでしょう。

今後のストーリーに、CP0がどのように絡んでくるのか、展開から目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です