【ヒロアカ】オールマイトはやっぱり死んでしまうのか?最後を予想してみた!

ヒロアカのオールマイトが死ぬ運命だとガチで分かってきました。

本当にオールマイトは死んでしまうのか、彼の最後を予想してみます。

スポンサーリンク

130話でオールマイトの死が判明

オールマイトの死は130話で明かされました。

6年前、サー・ナイトアイとオールマイトの間で起こった会話で、サーがオールマイトの死を予見してます。

サー「無茶だ、オールマイト、もう引退すべきだ」

オールマイト「ニュース見てないのか?皆が私を探している 待っているなら行かなきゃな」

サー「その体でヒーローを続けても皆が辛くなるだけだ 呼吸器官がやられたんだ 以前のようにはいかない あなたの願う平和のためにも伝説のまま引退すべきだ」

根津「ワン・フォー・オールの後継ならウチでいくらでも探すといい 君は十分に頑張ったさ」

サー「もうフカフカのベッドで安眠をとって良いんだ 明るく強く親しみのある人間 あなたのような人間を見つけ 託そう」

オールマイト「その人間が見つかるまでの象徴は?オール・フォー・ワンがいなくなっても 超人社会 すぐ次のあいつが現れるぞ」

サー「象徴論はわかる!敬服してる!けれどな 全然笑えてないじゃないか!!」

サー「これ以上ヒーロー活動を続けるなら私はサポートしない!できない!!したくない!」

オールマイト「”見た”のか 私のことは見なくてもいいって言ったハズだろナイトアイ」

サー「あなたが引退しても次のNo.1は現れる!少しの間荒れるかもしれないが”避けられるかもしれない”んだ!」

オールマイト「その少しの間にどれだけの人々が脅えないといけない?」

サー「オールマイト!!」

オールマイト「それに 君の”予知”が外れたことはないだろう」

サー「前例が今までなかっただけだ!!未来など私が変えてやる このままじゃ”予知通り”になるんだよ!!それは駄目なんだ!!」

サー「私はあなたの為になりたくてここにいるんだオールマイト」

オールマイト「私は世の中の為に ここにいるべきじゃないんだナイトアイ」

サー「このままいけば あなたは敵(ヴィラン)と対峙し 言い表せようもない程・・・凄惨(せいさん)な死を迎える!!」

引用 130話

 

サーの個性によれば、このままヒーローとして活動を続けると、オールマイトは死ぬということ。

ちなみにサーの個性「予知」は1時間の間だけ、その人物がとる可能性がある行動を先に”見る”ことですが、オールマイトへの愛もあってか、ずっと先の未来を予知できたみたいです。

 

また、デクとオールマイトの出会いが描かれた7巻で、オールマイトの口から衝撃の言葉が・・・

オールマイト「多分・・・その頃にはもう 君のそばにいられないんだよ」

 

この時、デクは中学生だったので、すでにサーから死の予言をされた後。

なので、死亡フラグがバリバリのセリフをしゃべってられたんですね。

スポンサーリンク

予想したオールマイトの最後が笑えない

改めてサーの予言を振り返ると

敵(ヴィラン)と対峙し 言い表せようもない程・・・凄惨な死を迎える

 

もしオールマイトが死ぬなら、どんな最後を迎えるんでしょうか。

ヒロアカの中でヒーローの象徴とも言える存在が死ぬわけですから、普通の死に方をするとは思えません。

オールマイトの魂を八つ裂きにするような、酷い死に方をさせられると思います。

 

サーは「凄惨(せいさん)な死」という言葉を使ってますが、私達のイメージする「凄惨」とヒーローの世界の「凄惨」とでは大きな違いがあると思います。

なので、オールマイトの死に方で予想するなら、ヒーローに殺されること。

ヒーローに殺されればオールマイトの魂を亡き者にし、大きな衝撃も世の中に走るでしょう。

 

でも、サーは「ヴィランと対峙する」と言ってるので、ヒーローのニセモノで良いんです。

そういえば、以前にヴィランのトガがデクの血液を入手しましたよね。

トガといえば採取した血液から他人になれる「変身」の個性の持ち主。

 

デクになりすましたトガが、オールマイトを殺る。

オールマイトは、ヒーローの後継者のデクに殺られたと思って心神喪失、周囲にも大きな衝撃が走るでしょう。

ヒロアカの世界の「凄惨」という言葉がピッタリ当てはまると思いませんか?

この予想が当たることが、とっても楽しみです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、オールマイトは最後に本当に死ぬのか、今までのストーリーを元に予想してみました。

結論を言うと、オールマイトは絶対に死ぬと思います。

理由は3つあって、

  • サーの予知が外れたことはない
  • 死を避けられないはずのヒーロー活動をオールマイトが続けてる
  • 物語の展開的に面白い

 

作者の堀越先生は、ケタ外れのストーリー構成力を持ってるので、面白い展開のためならヒーローの1人や2人くらい死んでもいいと思ってるのかもしれません。

果たして本当にオールマイトは最後に死ぬのか、今後の展開からも目が離せません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です