【ハンターハンター】念能力についての詳細や種類をガチ解説

ハンターハンターに登場する特殊能力にあたる「念能力」

今一度、念能力ってどんなものなのか、本気の解説をしていきます!

スポンサーリンク

今さら聞けない念能力って?

体から出てくるオーラ(エネルギー)を、自由自在に使いこなすことを言います。

ハンターハンターの世界では、念能力を使いこなせる人は限られているので、一般人から見ると超人や天才として見られるようです。

しかし念能力は、修行次第で虫や動物でも使いこなせるので、誰でも習得できるのですが、悪用の恐れがあるため、一般には機密情報として扱われてます。

 

また、主人公・ジンのようにハンターになるための「ハンター試験」では、念能力が有るか無いかが「裏ハンター試験」としても知られており、もちろん念能力が無いと合格も難しいです。

 

オーラが出てくる「精孔(せいこう)」を開くことで念能力が目覚め、さらに目の精孔も開かれるので、他人のオーラも見えるようになります。

精孔を開く方法は2つあり、座禅や瞑想でオーラの流れを感じながら開く方法と、他人の肉体に無理やりオーラをぶつけて「むりやり開く」方法です。

ちなみに、「むりやり開く」方法は暗黒大陸のキメラアントたちが行った手法で、念能力を持たない非能力者に念能力攻撃をすることで精孔が開きますが、受けた非能力者が死に至る可能性もある危険な方法とされてます。

 

なお、一般的な人間は精孔が閉じており、弱いオーラをずっと出し続けてる状態で、もちろんオーラも見えず、念能力者がオーラを使っても殺気や気味悪さにしか感じられません。

スポンサーリンク

念能力の力とは?

念能力には、「四大行」という基本技と、四大行を組み合わせた応用技の2種類あります。

まず、基本技にあたる四大行を図で表します。

基本技 効果 説明
纏(てん) 身体を丈夫にしたり、若さを保つなど 体の周りにオーラをとどめる
絶(ぜつ) 疲労回復効果、気配を消すなど 精孔をとじて、オーラが一切出ない状態にする
練(れん) 攻撃力・防御力を上げたり、多量のオーラを使用できるなど 精孔を広げて、通常よりも多くオーラを出す
発(はつ) 特殊能力や必殺技を繰り出す オーラを使用し、「系統」の力を発揮する

 

念能力に欠かせない「系統」とは?

基本技である四大行の「発」に出てきた、「系統」について少し詳しく書いていきます。

ハンターハンターに登場するキャラたちが技を使う時は、だいたい「系統」に分類できます。

系統 特徴 説明
強化系 肉体増強、技の威力を増す、感情をむき出す ものの持つ働きや能力を強化する
放出系 オーラの塊を発射する念弾、瞬間移動など オーラを飛ばす
操作系 他者の操作、命令の強制、特定の物を武器にする 物や生物を操る
特質系 他者の念能力を使用するなど 他者に影響を及ぼす
具現化系 念獣、念空間、武器を作り出すなど オーラを物質にする
変化系 炎や雷など、様々な質感をオーラで再現する オーラの性質を変化する

 

「系統」は誰もが生まれつき持っており、どれかに必ず属しています。

生まれつき持った系統ほど、最も習得が早くて力を発揮することができます。

また、「系統」の相性もあって、各系統が円を描いて並んでおり、隣り合った系統ほど相性が良いとされてます。

 

その系統を図に表すと、下の図のようになります。

 

上の図なら、「強(化系)」と相性が良いのが「放(出系)」と「変(化系)」になり、「強(化系)」と一番相性が悪いのは「特(質系)」です。

 

ちなみに、主要キャラの技を系統で分類してみました。

さらに、ヒソカによれば「系統」によって、キャラの性格もほぼ当たると言われてます。

キャラ 技名 系統 説明 性格
ゴン=フリークス ジャジャン拳 強化系 グー・チョキ・パーの3種類の必殺技を出す 単純で一途
アイザック・ネテロ 百式観音 強化系 観音様が登場し、高速の技を繰り出す 単純で一途
フランクリン ダブルマシンガン 放出系 両手の指先から念弾をマシンガンごとく撃つ 短期で大雑把
シャルナーク ブラックボイス 操作系 アンテナで刺した相手をケータイで操作できる 理屈屋・マイペース
イルミ=ゾルディック 針人形 操作系 念を込めた針を刺した相手を操作できる 理屈屋・マイペース
クロロ=ルシルフル 盗賊の極意 特質系 相手の念能力を盗み、使用できる 個人主義者・カリスマ性あり
メルエム オーラを食す 特質系 他人のオーラを食し、自分のものにする 個人主義者・カリスマ性あり
クラピカ 鎖による攻撃 具現化系 5本の指の鎖を具現化する 神経質
ヒソカ バンジーガム 変化系 オーラをゴムのように伸縮自在に操る 気まぐれで嘘つき

 

ヒソカの「系統」による性格診断は、ほとんど当たっていますよね。

 

念能力の応用技とは?

さきほど紹介した「四大行」の上位技に当たる応用技は、全部で7種類あります。

応用技は、四大行よりも疲労蓄積が早いので、使いこなすには相応の訓練が必須となってきます。

応用技 元の技 効果 説明
周(しゅう) 纏・練 武器の強度が増したり、切れ味が良くなる、速度や回転を強めるなど。 物質にオーラをまとわせる
隠(いん) 気配を消す、具現化した物体も見えにくくなる、「発」が見えないので不意打ちや技の仕込みができるなど。 オーラを見えづらくする
凝(ぎょう)※1 攻撃力、防御力、身体能力など部分的に強化、目にオーラを集中して「隠」を見破るなど。 強化したい体の部分にオーラを集中
堅(けん) 纏・練 スキの無い防御で固めて、戦闘態勢に入る。 「練」の状態を継続する
円(えん)※2 纏・練 オーラに触れたものの位置や形を感じ取れる。 オーラが覆う範囲を広げる
硬(こう)※3 纏・練・絶・発・凝 特定した場所の攻撃力・防御力が一気に上昇、その反面として特定した部分以外は「絶」の状態に。 練のオーラを一箇所に集中
流(りゅう) 戦闘状況に応じて、強化する度合いと場所を決められる。 オーラの量を振り分ける

※1 「凝」は、「隠」を見破る時の意味で使われてます。

※2 「円」は自分を中心として、半径2メートル以上で1分以上維持する技術を指し、具現化した物体やオーラを「円」にすることもあります。

※3 「硬」でオーラを集中できるのは、肉体だけでなく、武器などにも可能です。

 

念能力者必見!制約と誓約とは?

自分の念能力にルールを決めて、それを守ることで超強力な念能力の力を発揮できるのが、制約と誓約です。

ルールの内容が厳しければ厳しいほど、強力な念能力になりますが、自ら決めたルールを破れば最悪死に至ることもある両刃の剣となってます。

 

ちなみに、制約と誓約でパワーアップしたキャラは以下のとおりです。

名前 ルール 結果
クラピカ 幻影旅団以外の人間に中指の鎖を使うと死ぬ 絶対に切れない鎖になった
フランクリン 念弾を発射する全指先を切り落とす 念弾の威力が飛躍的に上昇
ゴン=フリークス ピトーを殺すためだけに、自分の命と才能を捧げる ピトーを殺すことができた

スポンサーリンク

死んだ方が強い?死後強まる念について

念能力者であれば、条件を満たせば念能力を使うことができることを「死後強まる念」と言います。

作中では、「死後強まる念」が以下のように言われてます。

深い恨みや未練を持ったまま死ぬと その念はおそろしく強く残る 残された念は行き場を求めて憎悪や執着の対象へ自ずと向かう

 

分かりづらいので、簡単に言うと死んだ念能力者の能力だけが発動したままの状態と言えます。

 

死後強まる念の発動条件とは?

さきほど、死後強まる念には、発動に条件があると言いましたが、主に3つ条件があります。

  1. 能力者が生きてた時に恨みや未練がある
  2. 死ぬ前に念能力を発動しておく
  3. 能力者が死んでても使える念能力であること

 

特に「3,能力者が死んでても使える念能力であること」は、例えば肉体を強化する念能力は、能力者が死んでると意味がありません。

今までのストーリーからわかることは、特質系や、変化系などの能力者だと使えるようです。

 

死後強まる念を使ったキャラ一覧

ここで、死後強まる念を使ったキャラを紹介します。

キャラ 系統 死後強まる念 恨みや未練
ヒソカ 変化系 バンジーガムで蘇生 幻影旅団を倒すこと
ネフェルピトー 特質系 死後、テレプシコーラでゴンを攻撃 メルエムを絶対に守る気持ち
カイト 具現化系 死後、キメラアントに転生 ゴン達を残して死ねない気持ち(?)
ポンズ 操作系 死ぬ前に、蜂にSOSの手紙を託した 危険が迫ってることを伝えたい気持ち

 

紹介したキャラ以外にも、死後強まる念が使えるであろうキャラで、例えばメルエムの親衛隊がいますが、ネフェルピトーほど王に対する絶対的な気持ちが無かったため、発動しなかったと予想されます。

 

死後強まる念を解除する方法もある!?

アベンガネのように「除念師」と呼ばれる念能力者の「除念」によって解除できますが、除念は難しいらしく、作中でも10人しかいない貴重な存在になってます。

除念方法は、除念師が死者の念を引き受けるというリスクが大きい方法で、簡単にはできないようです。

さらに、どす黒いオーラは除念者でも手に負えないというように、万能では無いようです。

スポンサーリンク

まとめ

今回はハンターハンターファンなら絶対に知っておきたい、念能力について詳しくみてきました。

知れば知るほど奥が深い、念能力の世界ですが、ぜひ全部憶えておきたいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です