【ハンターハンター】ベンジャミンの私設兵一覧



ハンターハンター「暗黒大陸編」では、カキン帝国の王位継承戦が行われています。

そこに登場するのがカキン王国・第一王子のベンジャミンです。

ベンジャミンは優秀な部下として15名の私設兵を護衛につけています。

本記事では、ベンジャミンの私設兵について一覧形式でまとめていきます。

ベンジャミンとは

  • 名前:ベンジャミン=ホイコーロ
  • カキン帝国第一王子
  • 父:国王ナスビ=ホイコーロ
  • 母:正室ウンマ
  • カキン帝国軍事最高副顧問
  • 念能力:星を継ぐもの=ベンジャミン・バトン

 

念能力の星を継ぐもの=ベンジャミン・バトンは、自分に忠誠を誓った者が死ぬとその能力を受け継ぐことができる能力です。

受け継ぐことができるのは誰でも良いわけではなく、カキン国王軍学校を卒業した私設兵のみです。

なお本人の基礎能力も抜群に高く、至近距離からの銃撃にも全くの無傷。

ベンジャミンの私設兵一覧

ベンジャミンは優秀な部下として15名の私設兵を護衛につけています。

ベンジャミンの私設兵は黒スーツ姿の一般警護兵とは違い、軍装ベストを着用しています。

15名全員が念能力を使用できるのですが、ハンター協会には所属していないのが特徴です。

 

この15人はカキン帝国の王室警護兵という肩書きで、今回の王位継承戦で各王子の元に送り込まれています。

送り込まれた私設兵たちは、ベンジャミンのスパイとして活動し、念獣とハンターの能力の把握したり、防衛権行使による敵の殺害を行っています。

肩書きは護衛兵であるため、他の王子たちもスパイとわかっていても拒否できない状態です。

 

バルサミコ・マイト

ベンジャミン私設兵隊長。

顔の左側に傷があるのが特徴で、小柄な黒人です。

ベンジャミンを王の器として高く評価していて、冷静にサポートしています。

 

ビンセント

口癖が「ええ」が特徴の大柄な男です。

第14王子ワブル王子の元で王室護衛兵として出向していて、王子の従者に暗殺容疑の罪を被せる卑劣な作戦を取るも従者のダンとワブル王子従者として潜入していたクラピカに捕縛され、最後は服毒自殺してしまいました。

念能力は虚空拳(エアブロウ)で、片手から発動する能力ですが、クラピカの妨害で不発のため詳細はわかっていません。

現在はベンジャミンにより引き継がれているため、今後詳細がわかることがあるでしょう。

 

バビマイナ

ビンセントの後任としてワブル王子の元に出向してきた私設兵です。

リーゼントのような髪型で、刈り上げが特徴の男です。

能力はわかっていないものの迎撃型の念能力の使い手で、ワブル王子の部屋から周囲の部屋まで円を展開できる能力のため、クラピカも手練れだと認めるほどの力をもっています。

 

ヒュコリフ

短髪で垂れ眉が特徴の男です。

クラピカが行なった念講習会の参加者ですが、すでに念能力をもっていました。

念能力者の系統を判別することができ、念能力者を見極める知識をもっています。

好戦的な性格です。

 

ムッセ

第2王子カミーラの元に出向している左右の目の形が違うのが特徴の男です。

カミーラ王子の元護衛たちから行動を制限されるも、全く気にせずに念能力の「鳥状の念」を用いて盗聴を行っていました。

その中、カミーラがベンジャミンの殺害を公言したため、ベンジャミンの方針に則って射殺を試みるもカミーラのカウンター系能力により逆に殺され、その命をカミーラの蘇生に使われてしまいました。

念能力は裏窓の鳥(シークレットウィンドウ)で、3種類の鳥形の念獣を諜報のために操ることができます。

そのうちの一つはミミズクという対象者に触れることで発動する念獣で、術者のみにミミズクの姿を確認できます。

対象者の言動を術者にテレパシーで送ることができるので、盗聴目的でこの能力を使用していました。

他の2種類の能力はムッセの死亡により明かされていませんが、ベンジャミンに能力は受け継いでいるので、今後詳細がわかることでしょう。

 

コベントパ

第3王子チョウライに出向しているハゲ頭の男です。

ウカキン帝国の正式な軍所属・ウンマ所属兵の役割を兼任しています。

能力は不明です。

 

オラーウ

ハゲ頭が特徴的の男です。

第6王子タイソンに出向しています。

能力は不明です。

 

ブッチ

ハゲ頭で丸い目をした男です。

第5王子ツベッパに出向しています。

能力は不明です。

 

ビクト

短髪の眉毛とヒゲを生やした男です。

第13王子モモゼに出向してます。

現在はモモゼ王子殺害の容疑者として疑われ、逮捕されています。

能力は不明です。

 

リハン

黒髪の男で、第8王子サレサレに出向しています。

サレサレ王子の霊獣の特性を掴んだため、念能力の異邦人(プレデター)により体内にターゲットの天敵を作り上げています。

 

 ウヒョウヒ

リハンと護衛を交代しサレサレ王子に出向しています。

念能力は虫射球(ニードルボール)と呼ばれる虫を操るもので、それによりサレサレは暗殺されています。

まとめ

ベンジャミンの私設兵について一覧形式でまとめてきました。

各王子の元に送り込まれた私設兵たちの行動は暗黒大陸編を良い感じにかき乱してくれています。

今後、物語にどのように絡んでいき、ベンジャミンがどうなっていくのかも実物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です