【ハンターハンター】パリストンの強さや念能力を予想してみる



ハンターハンターに登場するキャラの中で、ジワジワと頭角を出してきたパリストン

しかしその一方で、パリストンの強さや念能力は明らかになっていません。

そこで、パリストンはどれくらい強いのか、様々な観点から予想してみることにしました。

今さら聞けないパリストンとは?

  • 資格 三ツ星ハンター
  • 役職 ハンター協会の副会長
  • 元所属 十二支ん

 

パリストンは、ハンター協会のネテロが死んだ後、次期ハンター協会の会長に当選しますが、副会長だったチードルに会長の座をゆずって、今はハンター協会副会長として活動してます。

また、世界で10人にも満たない「三ツ星ハンター」の称号を持ち、実力は高そうに見えますが、ビヨンドの仲間のNo.2としてパリストンがいたことに対して、ジンが「腕っぷし順じゃないわけだ」と話したことから、本当は弱いんじゃないかというウワサもあります。

 

サイコパスって一度は聞いたことある言葉だと思いますが、簡単に言うと、良心のカケラもない人間のことを意味しており、平気で人をだましたり、傷つける人をサイコパスと呼んでます。

パリストンもサイコパスの片鱗があるようで、特徴的だった言葉がこちら。

僕は人に憎まれると幸せを感じ、愛しいものは無性に傷つけたくなる

と、異常性がうかがえることを語ってます。

また、協会の副会長をしてる時に集めたキメラアントのマユ5000個を操って、世界中に送り込もうと企んでるようです。

敵ならやっかい?パリストンの強さとは?

サイコパスの片鱗を見せたパリストンですが、実際の強さは明らかになってません。

一部のファンの間では口達者なだけで本当は弱いという予想が出てますが、三ツ星ハンターの称号をもらってる以上、パリストンが弱いとは思えません。

また、ジンがビヨンドに乗り込んだ時に、ビヨンドを除いて強いのはマリオネ(人造人間のような少女)と言ったことに対して、パリストンは「見くびらないでください」とつぶやいてることから、自分の実力には自信を持ってることが伺えます。

 

それでも、ジンの分析では「ひざまづかせるなら心」と言ってることからも、パリストンの戦闘での強さは高くない可能性が高いと言えるでしょう。

 

パリストンの念能力とは?

強さと共に念能力が不明のパリストンですが、実は2種類の念能力のどちらかの能力者と言われてます。

なぜ2種類もあるかといえば、よく当たるヒソカのオーラ別性格診断が理由です。

ヒソカのオーラ系診断は、ハンターハンターの作中ではよく当たると評判で、キャラの性格によってどの念能力使いなのかピタリと当ててるです。

 

例えば、オーラ別性格診断を発明したヒソカは変化系で「きまぐれ」ですし、キメラアント王だったメルエムは特質系で王として「カリスマ性あり」というように当たってると言えます。

 

パリストンは変化系の念能力者か?

先ほど紹介したオーラ別性格診断でパリストンを診断すると、パリストンの特徴である笑顔は、本心を偽って隠してることから「うそつき」と深読みすることができます。

そのため、オーラ別性格診断で「うそつき」が当てはまる念能力は変化系です。

気まぐれで嘘つきなキルアや、サイコパスとして有名なヒソカとも雰囲気が似てる印象を持ちました。

しかし、今のところ変化系を裏付けるような行為をしてないので、変化系以外の念能力者かもしれません。

 

実は操作系の念能力者?

もう一つ、パリストンの念能力として上がったのが、操作系です。

こちらもオーラ別性格診断によるものですが、操作系念能力者といえば「理屈屋・マイペース」の性格をしており、イルミやシャルナークが当てはまります。

そして、イルミやシャルナークも頭が切れてて掴みどころがない感じがパリストンと似てると感じました。

 

個人的には、パリストンは操作系の念能力者であると思います。

なぜなら、5000体にも及ぶキメラアントを自由に動かせた描写が作中にあったからです。

 

キメラアントの強さ=パリストンの強さ?

パリストンが所有する5000体のキメラアントは全部、念能力を使うことができます。

念能力が使えるだけでも相当な強さですが、最初に羽化したキメラアントのパームを思い出せばどれくらい強いか想像ができるでしょう。

ちなみに、こちらがパームです。

 

あのキルアでも苦戦を強いられたパームと同じ強さのキメラアントが5000体いるとすれば、血の気も引くような強さだと言えませんか?

しかも、王やネフェルピトーなどが亡くなった今、子孫繁栄のために働く必要がなくなって自由となったはずのキメラアントたちがパリストンの命令に素直に従っているのです。

これは、キメラアントたちをパリストンが操ってると言っても過言ではないでしょう。

 

戦闘力こそ無いパリストンですが、5000体のキメラアントを従えれば、作中でも屈指の強さを誇る操作系能力者だと言わざるを得ません。

パリストンがキメラアントを自分の手足のように操れば、キメラアントの強さ=パリストンの強さと言ってもいいでしょうね。

 

ちなみに、暗黒大陸編でパリストンは5000体のキメラアントをハンター試験に送り込もうと画策しましたが、その時はジンによって阻止されました。

でも、パリストンが阻止されただけで野望を諦める男だとは思えません。

なぜなら、パリストンはジンに向かって、身の毛もよだつことを言ってたのです。

 

「楽しみだよ・・・ボクが嫌いになった人間をどうしたくなるか・・・」

パリストンが操作系または変化系だったとしても、彼の性格から考えて何をしたくなるのか、もうお分かりですよね?

実は、パリストンが作中で一番怖ろしい男なんじゃないかって思います。

まとめ

今回は、強さや念能力がイマイチ分からないパリストンについて、調べてきました。

全体を3つにまとめると、次のようになります。

  1. パリストン自身は弱いかもしれない。
  2. パリストンは変化系か、操作系の念能力者の可能性が高い
  3. パリストンは自分の手を汚さずに、野望を果たす男かも

以上のようにまとめられるでしょう。

今後、パリストンがキメラアントを使って、何をするんでしょうか。

彼の今後の動向からも目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です