【ハンターハンター】現在明らかになっているカキン王子の念獣一覧

薄気味悪い見た目でファンたちをヒ~ヒ~言わせてるカキン王子の念獣たち。

すごく気になったので、現在明らかになってるカキン王子の念獣一覧にまとめてみました!

スポンサーリンク

そもそも念獣とは?

念獣は、カキン王子たちを守る守護霊のようなものです。

正式な名前は「守護霊獣」で、コミックから守護霊獣とは何なのかを引用すると、

子孫繁栄を願う者が遺した強い念によって生み出された念獣。

つまり、先祖たちが子孫繁栄を願って残してった強い念から生まれた守護霊ということです。

後でくわしく見ていきますが、念獣には動物みたいな姿したやつや、盾みたいな形したやつなど様々な種類があります。

 

念獣はどこから来たのか?

念獣たちは、「壺中卵の儀(こちゅうらんのぎ)」という儀式を行うことで誕生します。

ちなみに壺中卵の儀では、儀式を受ける者(カキン王子たち)が、壺の中に1滴の血を垂らして壺の口に手を入れることで念獣が誕生してきます。

 

念獣の特徴は?

念獣は姿や形はさまざまですが、共通した特徴がいくつもあります。

  • 宿り主のオーラを糧にしている
  • 宿り主は寄生された感覚はない
  • 宿り主が操作することはできない
  • 念獣同士は殺し合うことはない
  • 念獣が付いてる人間を攻撃しない
  • 宿り主から影響を受けて能力や姿が具現化する

 

次から、カキン王子たちの念獣を一覧紹介していきます!

スポンサーリンク

カキン王子の念獣一覧

 

第1王子 ベンジャミン(母ウンマ)

あの映画にもなったエイリアンを想像させる念獣です。

ベンジャミン自身は見えてないらしいですが、周りの人間には見えてるようです。

その能力こそ謎ですが、戦略家としての1面があるベンジャミンをサポートしてくれる念獣でしょう。

 

第2王子 カミーラ(母ドゥアズル)

イソギンチャクのような見た目と、たくさんのオパーイが付いたみたいな念獣です。

363話でベンジャミンと口論になった時に、禍々しい黒い本体が現れたので、カミーラの念獣も戦闘時に役立つのでしょう。

もしかしたら、たくさん付いたオパーイ一つ一つが爆弾になってるのかもしれませんね。

 

第3王子 チョウライ(母トウチョウレイ)

チョウライの念獣は、盾にもドラ(楽器の一種)にも見える見た目をしてます。

363話まで目立った活躍はありませんが、まだ赤ちゃんのワブルから襲われたことを侮蔑してる様子から、念獣は戦いを収めたりする能力があるのかもしれません。

 

第4王子 ツェリードニヒ(母ウンマ)

ケンタウロスにも見えるつェリードニヒの念獣。

サイコパスのツェリードニヒの念獣なので、破壊系だろうと想像ができます。

きっと、今後の王位継承戦の流れを握ることは間違いないでしょう。

 

第5王子 ツベッパ(母ドゥアズル)

カエルと戦車を合体させたような念獣。

他の念獣と違って兵器を想像させる見た目なので、戦闘シーンで役立つことが予想されます。

362話でツェリードニヒに共闘を申し入れてることから、ツベッパが主戦で、ツェリードニヒの念獣がサポートするのかもしれません。

 

第6王子 タイソン(母カットローノ)

天使のような妖精のような何かを生み続けてる念獣。

タイソンは「きっとあたしの妖精たちがこの船を愛で満たすわ」と喋ってることからも、戦闘向きでない念獣だと予想できます。

ほんとうに愛で満たすのか、それとも“哀(あい)”で満たすのか、それはストーリーが進んでからもお楽しみです。

 

第7王子 ルズールス(母ドゥアズル)

セミのような、マツタケの先端に目と口が付いたようなグロい念獣。

ルズールス本人は見えてないようですが、かなり巨大です。

その能力こそ未知数で、戦闘向けなのでそれ以外なのか、まったく検討がつかない念獣です。

 

第8王子 サレサレ(母スィンコスィンコ)

宙に浮いて、小惑星に口がいっぱい付いたような見た目の念獣。

いつもヨダレを垂らして何を思ってるのか全く検討がつかない念獣です。

王位に興味なく、美女をいつもそばに置くサレサレなので、そのヨダレには催淫作用、またはロー◯ョンみたいな役割でもあったり?

 

第9王子 ハルケンブルグ(母ドゥアズル)

361話で王位継承戦を辞退したハルケンブルグ。

その念獣はサイクロプスのように一つ目でとても強そうな見た目。

王位継承戦を放棄すると言ってますが、後から念獣の力を借りて登場するかもしれません。

 

第12王子 モモゼ(母セヴァンチ)

可愛い見た目と裏腹に、護衛を操って、他の護衛を皆殺しする怖ろしい念獣。

「おヒマ?」と言われて答えたが最後、念獣に操られてしまいます。

なお、操ってたのは、耳の中にいる小さなぬいぐるみのようなやつでした。

 

第14王子 ワブル(母オイト)

念獣の正体は不明ですが、どす黒いオーラを放ってました。

クラピカも警戒するほどのオーラで、今後のストーリーの流れを握ってる可能性大です。

 

なお、カチョウ、フウゲツ、マラヤームの3人はまだ念獣が出てないので、省略しました。

スポンサーリンク

念獣が王位継承戦を握る!?

どんな意味無さそうことでも必ず理由があるように、念獣をカキン王子たちに付けたことには理由があるようです。

その理由は、カキン国の次の国王として相応しい王子を決めるため。

 

今のカキン国王ホイコーロによれば、

後方支援に長けた霊獣が深謀遠慮の才溢れる王に憑くことで灼たかとなるホイコーロ一族の運命

少し難しいので簡単にいうと、「フォロー力バツグンの念獣が、王に相応しいカキン王子に憑くことで、ホイコーロ一族は繁栄していく」ということです。

 

つまり、王位継承戦は、素晴らしい念獣を持ったカキン王子が選ばれることになるでしょう。

果たして王位の座に相応しいのは、ツェリードニヒかベンジャミンか、それとも・・・

スポンサーリンク

まとめ

今回は、カキン王子の念獣を一覧でまとめてきました。

363話の段階では、まだその能力の片鱗しか見せてない念獣たちですが、これからのストーリーを握るカギであることは間違いないでしょう。

今後の新しい展開が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です