【ナルト】最強キャラ議論!作中に登場したキャラの強さランキングベスト10!

漫画NARUTO-ナルト-には、忍だけじゃなく、六道仙人など様々なキャラクターが登場します。

そこで今回は、全キャラの中で最強キャラを決定したいと思います。

厳選した10キャラをランキング方式で紹介します。

スポンサーリンク

ナルト最強キャラは誰だ!?作中に登場したキャラの強さランキングベスト10

 

10位 うちはイタチ

木の葉隠れの里の抜け忍で、うちはサスケの実兄です。

7歳で忍者学校を首席卒業し、8歳で写輪眼を開眼、13歳のころには暗部の部隊長を務める実力者です。

写輪眼の能力の中でも高度な「須佐能乎(スサノオ)」「別天神(ことあまつかみ)」「万華鏡子写輪眼」を使いこなすことができ、「イザナミ」の力で仙人カブトを打ち破ってます。

 

9位 長門

ペイン六道の本体で、暁のリーダーです。

雨隠れの里に育った気弱な少年でしたが、両親が殺害されたことをきっかけに自来也の下で修行し、暁のリーダーになりました。

かつての師だった自来也を殺害し、はたけカカシも含めた多くの死者を出した張本人です。

 

8位 はたけカカシ

はたけサクモの息子で、四代目火影(波風ミナト)の弟子です。

血継限界の写輪眼を持ち、1000種類以上の技をコピーして自分の技にしたため、周りから「写輪眼のカカシ」または「コピー忍者」の異名で恐れられてます。

六代目火影を推薦されるほど、頭脳明晰で、体術、忍術、幻術などに優れた人物です。

 

7位 千手柱間

木の葉隠れの里の創始者で、大筒木アシュラが転生した姿です。

六道仙人の血筋を持ち、水遁(すいとん)と土遁(どとん)を組み合わせた木遁(もくとん)忍術を扱えるだけじゃなく、仙術チャクラ、尾獣を操る能力も持ち合わせてます。

その突出した能力で、戦国の世で頂点に君臨し、終末の谷でマダラを打ち倒してます。

 

6位 うちはオビト

死亡したサソリに代わって補充された忍で、カカシの親友でもあります。

万華鏡写輪眼「神威」の使い手で、十尾の人柱力です。

二代目火影千手扉間や三代目日陰猿飛ヒルゼンでさえ瞬殺できる能力をもちます。

スポンサーリンク

5位 うちはサスケ

ナルトの親友でありライバルで、大筒木インドラが転生した状態ではかなりの強さを誇ります。

「写輪眼」を受け継ぐ中で一番強いうちは一族の末裔として、火遁と雷遁の術、千鳥や麒麟の術など多彩な戦術に長けてます。

その実力は、六道仙人モードナルトと互角に渡り合えるほど優秀です。

 

4位 うちはマダラ

木の葉隠れの里創設時のうちわ一族の長であり、六道仙人の息子・インドラの転生した姿です。

神樹を吸収したことで不死身の体をもち、瞳術の中で最強の「輪廻眼」を開眼し、影分身状態で「完全体須佐能乎」の召喚もできます。

六道仙人モード・輪廻眼状態になれば、ナルトやサスケでさえ追い詰めてしまう強さを誇ります。

 

3位 うずまきナルト

七代目火影になった人物で、大筒木アシュラが転生した姿でもあります。

六道仙人の技を、全ての尾獣のチャクラで使えるチート級の能力をほこります。

九尾のチャクラとガマ仙人直伝の仙術チャクラを駆使して、第四次忍界大戦を終戦に導きました。

 

2位 大筒木ハゴロモ

チャクラの真理を解き明かした忍宗の開祖で、伝説の六道仙人です。

全ての忍術の開祖で、血継限界「輪廻眼」の最初の開眼者で、その体内には尾獣・十獣を宿してます。

戦闘シーンこそありませんが、世界を無にする破壊神として恐れられてます。

 

1位 大筒木カグヤ

六道仙人のハゴロモの実の母。

三大瞳術をマスターしており、両目が白眼、額の第3の眼は輪廻眼と写輪眼を併せ持つ「輪廻写輪眼」です。

第四次忍界大戦のときに、ラスボスとして登場し、ナルトらを苦しめました。

 

まとめ

以上がナルトの最強キャラランキングベスト10でした。

今回のランキングは、穢土転生を除外した場合のランキングを作成しました。

それぞれのキャラがチート級の術を持ってるので、ランキング作成は困難を極めましたが、なんとか完成できました。

続編のボルトも進行してますので、ランキングに変動はあるでしょうが、今現在はナルト時点でのランキングとしました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です