【アイシールド21】最強キャラ議論!作中に登場したキャラの強さランキングベスト10

日本の漫画ではなかなか見られないアメリカンフットボールがテーマの漫画が「アイシールド21」です。

アメリカンフットボールは、オフェンスやディフェンスなど様々な役割があります。

全てを総合的に考えたとき、どのキャラが一番最強なんでしょうか。

今回は、ポジションの垣根を越えて、最強キャラトップ10を発表していきます。

スポンサーリンク

アイシールド21最強キャラは誰だ!?強さランキングベスト10!

 

10位 蛭魔妖一

  • 所属 泥門デビルバッツ
  • ポジション クオーターバック
  • 40ヤード走 5.1秒
  • ベンチプレス 75キロ

 

泥門デビルバッツのキャプテンである蛭魔は、つり目とエルフのような長い耳が特徴の選手。

運動選手にありがちな脳筋野郎ではなく、戦略家であり、知識量、記憶力、戦略など様々な面で他の選手を超えており、心理戦や奇襲作戦、トリックプレイなどを巧みに使うことで、相手を翻弄します。

また、クオーターバックではトップクラスの実力を誇り、いかなる強風が吹いててもブレない抜群のコントロール力を持ちます。

 

9位 峨王力哉

  • 所属 白秋ダイナソーズ
  • ポジション ディフェンシブタックル
  • 40ヤード走 5.4秒
  • ベンチプレス 210キロ

 

白秋ダイナソーズの峨王力哉は、1年生ながら鬼のような肉体を誇り、ベンチプレスで210キロを上げるバケモノです。

とにかくパワーの面で敵うものはおらず、非力な選手はぶつかるだけで骨が折れる人間凶器みたいなヤツです。

40ヤード走は5.4秒で駆け抜けるまあまあの速さですが、他の選手の倍はある身長を考えれば、十分な速さを備えてると言えます。

 

8位 小早川瀬那

  • 所属 泥門デビルバッツ
  • ポジション ランニングバック(後からクォーターバック)
  • 40ヤード走 4.2秒
  • ベンチプレス 45キロ

 

本作の主人公で、泥門デビルバッツに入部した1年生です。

40ヤード走は4.2秒の俊足を誇りますが、その速さは上級生の「パシリ」で鍛え上げられたものです。

クリスマスボウルでは、かつてのアイシールド21だった大和猛を倒したことで、クリスマスボウル最優秀賞の栄冠に輝きました。

 

7位 クリフォード

  • 所属 アメリカ代表
  • ポジション クォーターバック
  • 40ヤード走 4.2秒
  • ベンチプレス 不明

 

アメリカ代表選手のクリフォードは、金髪ロングが特徴の選手です。

クォーターバックながら、パシリで鍛えた瀬那と同タイムの4.2秒で40ヤードを駆け抜ける作中でも随一の速さを誇ります。

また、速さと同時に頭も切れており、相手を陥れる心理戦を得意としてるので、「不敗の勝負師」の異名も持ちます。

 

6位 大和猛

  • 所属 帝黒アレキサンダーズ
  • ポジション ランニングバック&フリーセイフティ
  • 40ヤード走 4.3秒
  • ベンチプレス 135キロ

 

帝黒アレキサンダーズのエース選手である大和は、アイシールド21を獲得した強豪選手です。

パワー、知能、スピード、メンタルなどあらゆる面でバランスが取れており、他の選手より突出してるステータスはありませんが、ある意味完全無欠と言っても過言じゃありません。

また、何人ぶつかろうとも倒れずに突進できるチート技「シーザーズチャージ」を持ち、さらに4.2秒で40ヤード走を駆けることもできます。

スポンサーリンク

5位 金剛阿含

  • 所属 神龍寺ナーガ
  • ポジション ワイドレシーバー&クォーターバック
  • 40ヤード走 不明(瀬那に追いつける程度)
  • ベンチプレス 不明

 

神龍寺ナーガに所属する阿含は、「100年に1人の天才」と呼ばれる神童です。

天性の才能でフットボールを勝利に導きますが、その反面、練習をサボりがちであることが欠点です。

しかし、40ヤード走を4.2秒で走れる瀬那を、他の選手をなぎ倒しながら後ろから追いつくことができるため、尋常じゃない強さを誇ってると言えます。

 

4位 赤羽隼人

  • 所属 盤戸スパイダーズ
  • ポジション タイトエンド
  • 40ヤード走 4,6秒
  • ベンチプレス 95キロ

 

盤戸スパイダーズ所属の赤羽は、色付きのアイシールドを愛用してることから「真のアイシールド21」と言われてた男です。

守備配置に長けており、敵ランナーを誘導する「ランフォース」や弱めの力でも重量級の相手を吹き飛ばせる「蜘蛛の毒(スパイダーポイズン」の使い手です。

去年行われた東京大会では、進清十郎らを抑えて東京MVPを獲得した有力選手でした。

 

3位 パトリック・スペンサー

  • 所属 NASAエイリアンズ(後にアメリカ代表)
  • ポジション ランニングバック&セイフティ
  • 40ヤード走 4.1秒(作中で一番)
  • ベンチプレス 70キロ

 

アメリカ代表に選ばれた実力者で、俊足から「パンサー(ヒョウ)」の異名を持ちます。

40ヤード走では人類未踏の4.1秒(光速超え)を記録し、試合中は高精度の追尾ミサイルのように目標に向かって正確に動きます。

とにかく足の速さでは通常時でも右にでる者はいません(進の腕を弾いたときのセナを除く)

 

2位 進清十郎

  • 所属 王城ホワイトナイツ
  • ポジション ラインバッカー
  • 40ヤード走 4.4秒
  • ベンチプレス 140キロ

 

弱点がほぼ皆無に等しく、40ヤード走4.4秒、ベンチプレス140キロ、心理戦など様々な面で、無欠の選手と言えます。

必殺技「スピアタックル」を使えば、超ロングリーチで狙った相手をボールもろとも捕まえることができます。

兼ね備えた能力は高いですが、慢心することなく、日々鍛錬を積み重ねているので、実力だけじゃなくメンタル面もかなり強いものがあります。

 

1位 ドナルド・オバーマン

  • 所属 アメリカ代表
  • ポジション ディフェンシブタックル&センター
  • 40ヤード走 4.4秒
  • ベンチプレス 300キロ

 

アメリカ大統領の息子で、おそらく英才教育を受けてきたエリート中のエリートです。

貫禄十分で、歯に衣着せぬ言い方で父親の政治に口出ししたり、日本代表メンバーを「凡才」と侮蔑するなど態度が大きいことは鼻につきますが、実力は確かなものです。

圧倒的筋肉量を誇り、その巨体は峨王と大和の二人がかりで止められるほどで、まさしく怪物と言えるキャラです。

 

まとめ

今回は、アイシールド21のキャラクターで最強のキャラトップ10を発表してきました。

体格的にアメリカ勢が上位を独占してますが、そんな強豪相手でも日本勢は戦略や協力プレイで、対等に戦っていけると言えます。

選手それぞれが違ったポジションなので、ランキング作りは難航しましたが、総合的に見た場合の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です